SpreadJS

  ホーム   お知らせ    ニュース    “軽量・高速” “使いやすさ”を向上した新ウィジェット

ニュース


2016年7月27日ニュースリリース

“軽量・高速” “使いやすさ”を向上した新ウィジェット

― SpreadJS 9J リファクタリング版の提供を開始 ―

グレープシティ株式会社(本社:仙台市泉区紫山3-1-4、代表取締役社長:馬場 直行)は、ブラウザ上でMicrosoft Excel®ライクなユーザーインタフェースを実現するHTML5 スプレッドシートウィジェット「SpreadJS 9J(スプレッドJS)」のリファクタリング版を2016 年7 月27 日(水)より提供開始※1します。1開発ライセンス価格は120,000 円(税込129,600 円)です。

※1:2016年1月に発売した最新バージョン9Jのサービスパックとして提供するため、すでにライセンスを所有しているユーザーは同日より無償でダウンロードできます。
SpreadJSリファクタリング

ブラウザ上でExcel ライクなユーザーインタフェース(UI)を実現するために開発したJavaScriptライブラリSpreadJSは、製造業や流通業をはじめとしたさまざまな業種業態における受発注Webシステム、在庫管理Webシステムなどに導入され、入力のしやすさや一覧性、Excel互換の各種機能、ファイルの入出力機能などが高く評価されています。
またSpreadJSは日本だけではなく、アメリカ、中国などでも多く販売・導入されており、Excelライクな多機能スプレッドシートは万国共通で需要があることが伺えます。

 

グレープシティでは業務システム開発におけるトレンドやプラットフォームの多様化を見据えて、SpreadJSを含む全SPREADシリーズ※2で製品構成や製品機能を見直し、今後の開発ビジョンを策定しました。
今回のSpreadJSのリファクタリングもその一環であり、製品の開発コードを全面的に改良しています。
新ウィジェットでは、開発者の使いやすさを向上し、モジュールはより軽量に、より高速な操作性を実現。
同時に要望として高かった印刷機能やテーブルスライサーといった各種機能強化も行っています。

 

SpreadJSはプラットフォームやデバイスといった開発要件に柔軟なJavaScriptのライブラリとして、今後も日本をはじめとした各国のシステムで需要が高いExcelとの互換性を重視しながら、開発者、ユーザー双方が使いやすい機能を追求していきます。

※2:JavaScript/HTML5、ASP.NET、Windows Forms、WPFの4ラインナップ。1994年のActiveX版発売以降、シリーズ累計141,218ライセンスを販売。(2016年7月現在)。

SpreadJSの特長

SpreadJSはブラウザ上でMicrosoft ExcelライクなUIを実現するために開発されたJavaScriptライブラリです。HTML5のCanvas上にクライアント側”UIウィジェット”としてスプレッドシートを描画し、なじみのある操作性と豊富なExcel互換機能を提供します。スパークラインや条件付き書式、グループ化やフィルタリングなど高度な機能を備えるSpreadJSは、システムにおけるデータの視覚化と分析を最適にサポートします。

SpreadJS

リファクタリングのポイント

  1. 軽量化

    これまで約800キロバイトあったコアモジュールを約400キロバイトまで軽量化。ユーザーファイルのアップロードサイズに上限を設けているサイボウズ社のkintoneへのアップロードも可能です。SpreadJSを各種サービスと連携利用することで、これらの標準機能では実現できないリッチな機能やビジュアルをプラスできます。

  2. jQuery非依存による高速化

    これまでのSpreadJSはjQueryの参照が必須であり、jQueryの拡張機能ともいえる仕様でした。今回のリファクタリングではjQueryへの依存関係がない、純粋なJavaScriptライブラリに変更しています。
    余分な読み込みをしないため、より高速な処理が可能です。

    ※SpreadJSはjQuery非依存ですが、アプリケーション内でjQueryを参照して利用することは可能です。
  3. 使いやすさの向上

    設計の見直しにより類似の設定を行う複数のメソッドがひとつに統合されたため、APIがよりシンプルに使いやすくなっています。また一部の設定ではECMAScript 5でみられるようなプロパティの利用が可能になったため、わかりやすく可読性の高いコードを記述できます。

SpreadJS 9J リファクタリング版の新機能

Excel入出力機能の強化

これまで提供していたExcelIOサービスに代わり、クライアントサイドExcelIOとExcelIOコンポーネントの2種類のExcel入出力機能を提供します。クライアントサイドExcelIOは、クライアントサイドのブラウザで描画処理を行います。各種クラウドサービス規約やシステム開発要件で外部サーバーとの通信に制限がある場合でも、クローズドな環境でExcel入出力機能を利用できます。ExcelIOコンポーネントはサーバーサイドのExcel入出力用dllライブラリとして提供。Visual Studioでのカスタマイズ開発が可能なため、ユーザーの要望に合わせた入出力機能を実装できます。

印刷

専用APIによるシートの印刷機能を提供。ブラウザでの画面印刷では見切れていたシート全体の印刷などが可能になります。

テーブルスライサー

テーブル作成時に利用できるスライサー機能を追加。ボタンによる視覚的なフィルタリングが可能になるため、ドロップダウンリストを開いて抽出するアイテムを探すよりも素早くフィルター処理を行うことができます。

新テーマへの対応

あらたにExcel2013スタイル (3種類)、Excel2016スタイル(2種類)にも対応。これまでのテーマ(Excel2007スタイル)も選択できるため、ユーザーの要望によりテーマを一括変更できます。