SpreadJS

  ホーム   ご購入   価格とライセンス

価格とライセンス


価格

SpreadJSの価格表を見る


ライセンス

「開発ライセンス」「配布ライセンス」をご用意しています。企業単位/プロジェクト単位/部署単位での導入や特殊なアプリケーション開発でのご利用など、ご要望に応じて契約内容をカスタマイズすることも可能なので、お気軽に弊社までお問合せください。なお、「開発ライセンス」「配布ライセンス」はサブスクリプション契約となります。詳細については本ページの「サブスクリプション」をご確認ください。

 

開発ライセンス

開発ライセンスは、ユーザーライセンスで提供されます。1ユーザーライセンスで使用権を得るひとりのユーザー(開発者)が製品をアプリケーション開発に使用できます。JavaScriptのコードを直接記述する場合だけでなく、タグライブラリやデータ定義のような抽象化を通じたあらゆる方法で製品にアクセスする開発者に、必ずライセンスが必要になります。

 

開発ライセンスは、ライセンスを使用して開発するアプリケーションについて、テストを目的として60日間のテスト配布を許諾します。

 

ライセンスの譲渡、転売、貸借、貸与は、使用許諾契約書上の禁止事項に該当します。ユーザー登録を行った開発者本人のみが使用できます。

配布ライセンス

製品を使用して開発したアプリケーションの配布には、配布ライセンスが必要です。配布ライセンスはアプリケーションの配布をドメイン単位で許諾します。1つの配布ライセンスで、1つのプライマリドメインまたは1つのサブドメインにアプリケーションを配布できます。

配布に必要なライセンス数の例

例:www.grapecity.com への配布
  プライマリドメイン1つへの配布となるので、1配布ライセンスが必要です。
 
例:www.jp.grapecity.com への配布
  サブドメイン1つへの配布となるので、1配布ライセンスが必要です。
 
例:以下のドメインに配布
  • www.grapecity.com
  • www.jp.grapecity.com
  • www.us.grapecity.com
  プライマリドメイン1つ、サブドメイン2つへの配布となるので、3配布ライセンスが必要です。
 

(注)プライマリドメイン用として取得した配布ライセンスで、サブドメインへのアプリケーション配布を行うことはできません。同一ドメインであっても、プライマリドメイン、サブドメインそれぞれに対する配布ライセンスが必要です。

サブスクリプション

「開発ライセンス」「配布ライセンス」にはサブスクリプション契約が付随します。契約期間や提供サービスなどの詳細は以下のとおりです。

開発ライセンス サブスクリプション

契約期間 ライセンスのご購入から1年間(無償)
2年目以降の継続は契約更新が必要(有償)
ライセンス形態 ユーザーライセンス

  • 1開発者につき1ライセンス必要
  • 1ライセンスにつき3台まで同時インストール可能
契約期間中の提供サービス 製品のフリーアップグレード(契約期間中の最新バージョンと旧バージョンの提供)
回数無制限のテクニカルサポート(E-mail)
  • 契約終了後は以降にリリースする最新バージョンをご利用いただけません。契約期間内に取得したバージョンは永続的に利用可能です。

 

ご契約とサブスクリプション期間の例:

– 2017年9月に開発ライセンスをご購入いただいた場合

開発ライセンスサブスクリプション

配布ライセンス サブスクリプション

契約期間 ライセンスキーの取得から1年間(無償)
2年目以降の継続は契約更新が必要(有償)
契約期間中の提供サービス 配布ドメインの変更権
配布アプリケーションアップデート
  • アプリケーションの配布には、ご契約の配布ライセンス情報をもとに生成されたライセンスキーの取得が必要です。ライセンスキーは弊社のライセンス認証サイトを経由して取得できます。
  • 契約期間内にライセンスキーを取得し、配布したアプリケーションは、契約終了後も永続的に配布を許諾されます。
  • 契約終了後、配布済みのアプリケーションに対するドメイン変更やモジュール変更が必要となった場合、再度の配布ライセンスご契約が必要です。

 

ご契約とサブスクリプション期間の例:

– 2017年9月に配布ライセンスをご購入いただいた場合

配布ライセンスサブスクリプション
 

  • 上記は2017年9月に配布ライセンスを購入し、2018年1月に配布のためのライセンスキーを取得した場合の例です。
  • 配布ライセンスの契約期間開始日は、ライセンスキーの取得日となります。

配布ドメインの変更権について

契約期間中は年1回までを限度として、配布済みアプリケーションの配布先ドメイン変更が許諾されます。年1回の利用がない場合、次年に持ち越されずその権利は消滅します。

 

配布ドメイン変更の例:

  • アプリケーションをwww.grapecityA.comに配布後、www.grapecityB.comに移行する(配布時とは別のプライマリドメインにアプリケーションを移行する)
  • アプリケーションをwww.grapecity.comに配布後、www.jp.grapecity.comに移行する(サブドメインにアプリケーションを移行する)

配布アプリケーションのアップグレードについて

契約期間中は、配布済みアプリケーションに使用されている製品モジュールのアップグレードと再配布が許諾されます。

 

配布アプリケーションアップグレードの例:

  • 配布済アプリケーションで使用されているSpread.Sheetsライブラリ(バージョン 10.xx.xx)をバージョン 11.yy.yyに更新し、再配布する
  • 配布済アプリケーションで使用されているSpread.Viewsライブラリ(バージョン 12.xx.xx)をバージョン 13.yy.yyに更新し、再配布する

 

本提供サービスは、アプリケーションに使用されている製品モジュールのメジャーバージョン更新(*1)を許諾するものです。アプリケーションに使用されている製品モジュールのマイナーバージョン更新(*2)は契約終了後も可能です。
 
*1 ライブラリのバージョン番号、先頭二桁の変更を伴う製品モジュールの更新
*2 上記*1以外の製品モジュール更新

特別契約ライセンス

開発環境で利用するアプリケーション(開発ツール、SDKアプリケーション、開発フレームワーク等)にSpreadJSまたはSpreadJSをカスタマイズしたライブラリを組み込みお客様がそれを販売する際やお客様のサービス(有償・無償を問わず)の一環として利用する場合(特定サービスや開発フレームワークのマーケットプレイスでアドオンパッケージとしてお客様がそれを販売する場合等)は、特別契約ライセンスとして固定料金やロイヤリティベース等の契約を提供します。 ライセンスの条項は、お客様のご希望(使用状況や作成されるアプリケーションの提供方法など)に基づいて異なるため、これらの目的でSpreadJSを利用する場合、お手数ですが、E-mail、電話でお問い合わせください。

 
お問合せはこちら

企業向けライセンスオプション

企業単位/プロジェクト単位/部署単位での導入など、お客様のご利用形態にあわせた個別契約も可能です。 個別契約をご要望の際は、お手数ですが、E-mailまたは電話でお問い合わせください。

 
お問合せはこちら