SpreadJS

  ホーム   お知らせ    ニュース    グレープシティのJavaScriptライブラリを組み込んだ 超高速開発基盤用コンポーネントが販売開始

ニュース


2017年9月7日ニュースリリース

グレープシティのJavaScriptライブラリを組み込んだ 超高速開発基盤用コンポーネントが販売開始

―「OutSystems Rich Grid Component Edition」に「SpreadJS/Wijmo」を採用 ―

グレープシティ株式会社(本社:仙台市泉区、代表取締役社長:馬場 直行)は、株式会社BlueMeme(本社:東京都品川区、代表取締役:松岡 真功)が販売する超高速開発基盤用コンポーネント「OutSystems Rich Grid Component Edition」に、JavaScriptライブラリ「SpreadJS/Wijmo」が採用されたことを発表しました。

 
bluememe
 

「OutSystems」は、ポルトガルに本社を持つOutSystems社が提供する超高速開発基盤です。コードを書くことなくビジュアルにアプリケーション開発が可能で、開発から保守運用までをひとつのプラットフォーム上で実現し、バージョン管理やパフォーマンス分析などのライフサイクルサポート機能を備えています。

 

2017年9月7日より販売を開始する「OutSystems Rich Grid Component Edition」は、「OutSystems」上で「SpreadJS/Wijmo」の機能を利用できる開発部品(コンポーネント)です。JavaScriptを書くことなく、ブラウザ上でMicrosoft Excel®のようなスプレッドシートや、高度なグラフ表示などを実現します。
多彩な機能を持つ「SpreadJS/Wijmo」は、「OutSystems」の機能拡張を支援し、利用者の開発生産性の向上に貢献します。

 

本ニュースリリースの詳細は下記ページでご覧ください。

 
BlueMemeのニュースリリースを詳しく見る